ドッグフード:結石・泌尿器

犬の尿結石への対処法
犬の尿結石と言えば、ストルバイト結石とシュウ酸カルシウム結石です。殆どがこのどちらかです。簡単に言えば、尿のアルカリ化が原因のストルバイト結石と、尿の酸性化が原因のシュウ酸カルシウム結石。
但し、シュウ酸カルシウム結石については例外もございます。

また、ストルバイト結石に関しては溶解が可能なので、食事療法を中心とした治療で改善が可能ですが、シュウ酸カルシウム結石は溶解が不可能なので、大きな塊になれば開腹手術が必要となります。

改めて尿結石の原因についてお話ししますが、根本的な原因は食事です。もちろんおやつやご褒美も含めた食生活全般です。端的に言うとバランスの悪い食生活が原因です。

それを物語っているのが、尿結石の子の大半が「好き嫌いが激しい」や「肥満気味」なのです。

ストルバイト結石の場合は、尿のアルカリ化が原因ですが、これは食いつき優先で作られた高たんぱく・高脂肪のフードや、フードを食べない為の過剰な量のトッピング。おやつの与え過ぎ等による栄養バランスが原因となります。規則正しい食生活をお心掛けください。


また、シュウ酸カルシウム結石に関しては様々な説がございますが、一番には脂肪の摂取過多がございます。ここ数年、高たんぱく・高脂肪のフードが増えておりますが、シュウ酸カルシウム結石も増えてきております。脂肪の摂取過多はシュウ酸カルシウム結石の原因であるシュウ酸の排泄を妨害します。ご注意ください。

ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

又は、フリーコール:0120-911-293まで。(平日10時〜17時)

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

4